000000
BBS per i giocatori ルール等の質問は、ご遠慮ください。
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
スパム対策の為URLを書き込むと投稿出来なくしました。
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

交易王で五隻 投稿者:猫砂 投稿日:2013/01/07(Mon) 15:02:15 No.1983  
はじめまして。
毎日更新を楽しみにさせてもらっています(ショートレビュー期待してます)。

さてタイトルの件なのですが、先日、ここのレビューにて「交易王」を知り、なかなか面白そうだなあと友人と二人で対戦してみました。
一戦目はお互いルールの確認という感じでプレイし、二戦目。
商館と港湾労働者を買った友人が、続いて船を買いまくり、気づけば五隻目に突入。
私のほうは船三隻と商館・港湾労働者という状態で、「お、友人てばレビューにあった『五隻目状態』やってるじゃん」などと考えていたら、あっという間に点差が20点を超え、泣きたくなるようなボロ負けをくらいました。
手順としては:
1)フェイズ1では、港湾労働者で5隻の船を少しずつ一色に染める
2)フェイズ2ではとりあえず決算せず、商館で手札を補充しまくる
3)船が単色に染まり、手札も溜まったら、一気に一色で決算して大量得点
という形で攻撃されたのですが、対抗すべく自分の船に商品を積もうにも、船が三隻しかありません。
商品駒の数に限りがあるのと手番の綾で駒の多数決も有利にできず、結局、追いつけませんでした。

で、「船五隻は強い」などと思いつつ三戦目をプレイしたのですが――

結論としては五隻弱いです。
三戦目、友人がまた船を買いまくる作戦で来たのでこちらは試しに協定を2枚購入(加えて商館、船は三隻)。
毎ターン適当な商品を決算して最低でも5点稼ぐ(ルール合ってますよね?)作戦に出てみたところ、二戦目は何だったのかというくらい楽に戦えて、2〜30点差をつけて勝てました。
二戦目のときは「たかが2点」と協定カードをシカトしていたのですが、考えてみれば、船を五隻も買った人は最低でも失った50点を稼がねばならないわけで、こちらがセコセコ小銭を稼ぎつつ商館で山札を削れば、まず失点を取り戻す前にゲームを終了させられます。

思うに、ゲームに慣れていない頃はともかく、船はやはり三隻で十分で、状況が許せば四隻。
五隻目は自身の敗北が明らかなときに、
「ほーらお塩で決算したいんだろうけど商品駒をオラの船に載せちゃったぞー。別の色に路線変更しても駒は全部オラの船に載せてやるかんなー」
などとトッププレイヤーに地味な嫌がらせするためにしか使えないのではないかと(三戦目の終盤で友人がこれをやり、憂さ晴らしをしていました)。
港湾労働者があっても五隻中二隻の駒しか載せ替えられないので、五隻も買うのはどう頑張っても割りに合わなくなると思われます。

ご参考までに。




Re: 交易王で五隻 akio - 2013/01/10(Thu) 11:30:55 No.1984  

詳細なレビューありがとうございます。
確かTAMもそんな事を言うてたのを思いだしました。
展開次第で4隻目はありかなしかというところが非常に良いバランスだと思います。
このゲームは小品ながら、様々な展開があり、非常によくできたゲームですよね。くにちーの本気がこの中に入っているように感じます。大体8割くらい手を抜いて、2割本気で仕事してる感じでしょうか?w



スライムレース 投稿者: 投稿日:2012/12/21(Fri) 03:09:15 No.1972  
いつも楽しく拝見しております。
スライムレースを購入して遊びましたが確かに最後は長いなって思いました( ̄▽ ̄;)
ヾ(・ε・。)そりゃドイツゲームをやり込めば物足りなさがあるのは当然 だ。
人が書き込みしてるのに急に突っ込み入れないでよ(; ̄∇ ̄)σ

ヾ(・ε・。)何言ってんのさ!君が赤をごり押ししてチマチマ何回もレースをしたから長くなったじゃないか!

(; ̄∇ ̄)うぅ・・。

ヾ(・ε・。)このゲームは勝利条件を変更して簡潔にすれば楽しいと思います。確かに長くなると最初のワイワイ感が早く終わらないかなって思う。

(; ̄∇ ̄)σだろ!

ヾ(・ε・;)何がだろ!だ。君のせいだぞ!君が赤を
・・

(; ̄∇ ̄)ごめんごめん・・。

( ̄∇ ̄ )これからも楽しく拝見させていただきます。



Re: スライムレース akio - 2012/12/21(Fri) 14:43:08 No.1973  

勝つためやろうとすると、どうしても邪魔ばかりになって泥仕合いなってしまうんですよね。
ポイントで勝敗を決めると、テニスの試合みたいに、終了時刻が解らないので、オリジナルのジョッキーのように3レースで決めてしまうのが一番いいと思います。そうすると1時間で終わる。
ゲームをあまり知らない人や、クリスマス、お正月に家族とやるには丁度良いゲームかもしれません。
ドイツゲーマーに物足りないのはしょうがないでしょう。



Re: スライムレース  - 2012/12/22(Sat) 03:07:03 No.1974  

そうですね( ̄▽ ̄) 3レースぐらいがちょうどいいかも。また正月にでもやってみよう。返信ありがとうございました。ヾ(・ε・。) これからも臨場感あふれるレビューを期待しております!


Re: スライムレース Bragi - 2012/12/28(Fri) 12:32:42 No.1975  

こんにちは。あるいは第四のビッドをやる手もあります。
どうするかというと、一票だけ誰にも見せずに、賭けるのです。
そしてレースが終わったら、それを一斉に公開します。



Re: スライムレース akio - 2013/01/04(Fri) 13:53:09 No.1982  

確かにそれはアリですね。


また、よろしくおねがいいたしま... 投稿者: 投稿日:2013/01/01(Tue) 23:26:41 No.1978  
なんだか理由は忘れましたけど、ちょっとばかりボードゲームが好きだった小学生とかのことを思い出し、Googoleで検索できたホームページでした。
それから約1年、すごくいろいろいい経験させていただいたです。古いレビューが逆にためになりますし。これからも、購入参考にさせていたければ。どうぞ、よろしくお願いいたします。



Re: また、よろしくおねがいいた... akio - 2013/01/04(Fri) 09:45:04 No.1980  

ありがとうございます。
このHPを始めた頃と違い、かなりボードゲームが普及したように感じています。
当時は普及させたいという妙な使命感に燃えてた時代もありましたが、今はちくたくさんのように読んでくださる方が楽しんでくれたらそれでいいと思っています。そもそもが思いっきり主観的なレビューで行ったろというコンセプトで作ったHPの癖に、大義な事を考えてたのが笑えます。
今年もよろしくお願いします。



藪の中 投稿者:なごむ 投稿日:2012/12/29(Sat) 19:07:56 No.1976  
「ストレイシーフの人のゲーム」ということで予断があるように思われます
さすがに推理の余地ゼロのあれと同じというのはあんまりです
とりあえず一度四人でやってみてください



Re: 藪の中 どどんど - 2012/12/31(Mon) 10:16:07 No.1977  

>さすがに推理の余地ゼロのあれと同じというのはあんまりです
同意いたします。
第一発見者は犯人が「確実にわかる」あるいは「2/3で当たる」になる事が多いという事はコンポーネント構成を見ればわかると思います。
そこからチップを置く位置でブラフをかけるゲームです。
2人目以降は、「1人目が自信満々にここにチップを置いて、自分が見れるのはこれとこれだから犯人で合ってるんだろう」とか「ずいぶん迷ってチップを置いたな、自分が見れるこれとこれから予想すると犯人はこっちが正解かな」などと考えるので、そこまで予測して演技するわけです。
後に乗せた人がマイナス点を総取りするルールのため、ブラフが効かなくてもマイナスは1つ、もしブラフにかかれば相手に大打撃、と賭けに出やすくなっている所もしっかり考えられています。

推理要素が完全に全く無いストレイシーフとは別格の良作だと思いますよ。



Re: 藪の中 akio - 2013/01/04(Fri) 09:37:43 No.1979  

そうですね。二人でさくっとやっただけなので、機会があれば四人でやってみます。
ただかなり前にやっただけなのでうろ覚えで申し訳ないのですが、第一発見者しか勝敗を握れるプレイヤーがおらず、しかも自分がリスクを負わなければ、何もおこらないというシステムが、ゲームではないと感じた気がします。第一発見者になった全員がベストプレイを心がければ誰も脱落せずゲームにならない。何故第一発見者だけがリスクを負って、それをしなければならないのか? 失敗すると自分がやられるのに。その場合、ベストな(つまり正しい)方を選択するのが普通です。
もちろんそういったゲームはありますが、藪の中はそれが非常に顕著で、わたしの中のゲームという概念からは逸脱するレベルでした。
うろ覚えなので間違ってたらすみません。



コンテナ 投稿者:PIXIE 投稿日:2012/12/12(Wed) 00:02:33 No.1969  
PIXIEです。久しぶりに書き込みさせていただきます。とはいえ、私はちょくちょく拝見させていただいているので、久しぶり感はないですが(^^)
コンテナのレビューをのせてくれたのはちょっとうれしかったです。akioさんが言うように、経済の流通のシミュレーションを、シンプルなルールで、うまくそのダイナミズムを表現したゲームだと思います。
値付は、ある程度の上限はゲーム上見えるものの、その中での水準は、参加者しだいだというところが、わかりにくい点でもあり、ゲームのキーでもあるのだと思います。それが各流通段階であるので、各段階の自分にとっての目的に合わせ、時には腹切り値段で流し、時にはバシバシ買いに走る。島のコンテナを集めて(買い手)得点するのは、得点の1つの手段であり、その反対に立つとき(売り手)もまた、得点機会であること、信用創造は、他プレイヤーに売却した時と、借金でしか起こらないことを忘れずに、そこに向けた流通段階の意思決定していく必要があります。
ゲームは、場のメンバーの顔と流れを見ることが、勝利の要件かと(^^) ルールはシンプルなので、悩みどころがわかれば、1人用デジタルゲームにはできない、アナログな、ヒューマニズムな、よいゲームだと思うのです。
そうそう、私もゲームのコンテナは少な目がよいと思います(^^)v
誰かが最初に工場を建てた時に、追随するのは決してよい手ではないですし、みんなが追随したときは、みんなが資金繰り苦しい状態の、息の詰まった閉塞経済に陥る可能性が高いです^^;
流通段階のすべてを自分がリードしようとするのは、おこがましく、他人に任せて、自分に有利になるよう流通における自分の役割を行うことが大切かと思います。
ちょっと早いですが、今年も多くのレビュー、お疲れ様、ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。



Re: コンテナ akio - 2012/12/12(Wed) 10:15:23 No.1970  

お久しぶりです。
確かにこれは、一人用デジタルゲームでは絶対にできないある意味究極のアナログゲームだと思います。
実はずっと前からプレイヤー間で経済をまわすゲームを作りたいなあなんて思ってたりしますので、非常に参考になります。つっても心の奥底で思ってるだけでまったく本腰入れてやってないので、形になることはないかもしれませんけどw
ところで思ったのは、このゲームって古典派の経済なんですよね。需要と供給のバランスを左右するのは値段の上下だけです。
だから一旦閉塞したデフレ経済になると抜け出せない。
政府介入よろしくシステムが何かしら介入するルールがあれば、デフレ経済を脱却することが出来るでしょうね。
不況時はケインズの唱えた有効需要の法則で需要をあげてあげる。現実には政府介入による公共投資でしょうが、ゲーム的にやろうとすれば今回一定のコンテナを買わないと大きなマイナスになるよとかそんな形かな?
市場にお金を回すことでもデフレは脱却できるでしょう。
そう考えるとおもしろいゲームですよね。
来年もどうぞよろしくお願いします。



Re: コンテナ PIXIE - 2012/12/12(Wed) 22:54:43 No.1971  

なぜコンテナを他のプレイヤーに売ると、そのプレイヤーから代金をもらっているのに、銀行からももらうのか...ここが経済拡大のキーですよね。借金して、自分の販売コンテナを買うのが、以下に愚かなのかということでしょう。デフレ脱却には、akioさんの言うとおり、銀行が市場に資金供給するシステムを導入するといいのかもしれませんね。
一方現実の世界は、そんな古典経済という単純なものではなくなっています(^^)
今日は、FOMC。来年から850億ドル毎月ドルをばら撒くことにするそうです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso