Bruno Faidutti

Nothing
Winner

Bruno Faidutti

ブルーノ・フェドゥッティ
1961年 フランス

これを買え 個人的ベスト
あやつり人形
Ohne Furcht und Adel
ババンク
Vabanque

あやつり人形で大ブレイクしたデザイナーで、キャラクター色豊かなデザインはなんとなくトレーディングカードゲームの王者マジック・ザ・ギャザリングをイメージさせる。

それからデザインするゲームはほとんどといっていい程キャラクター、キャラクター、キャラクター。あまりにもキャラクター物ばかり作るし、そのキャラクターがファンタジー色が濃いので、勝手に『デブで髭面のおたくなおっさん』というイメージを持っていた。出典はロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソン監督(笑)


ピータージャクソン。ウーム、ボデーが写ってる写真がないのう。相当なデブやで。


ところが、実際に写真を見ると、ジャン・レノのようななかなかかっちょいい人じゃないか。見た目重視の俺はこれで一発で気に入った。しかも経歴は「絶対に元海洋堂の社員」と思ってたのに、経済学の先生という。

ふーむ、経済学部出身の俺としては絶対に逃せないデザイナーだ。
この人はとんでもないゲーム好きらしく、自分でお城を借り切ってゲーム大会をしたという。俺が今一番友達になりたい人である。

この人のデザインは冒頭に書いたように、キャラクター物の一言に尽きる。トイバーにしろクラマーにしろ、今までドイツゲームはキャラクター物はあまりなかった。アブストラクトがないのと同じく、それはドイツゲームを特徴付けていたとも言える。

つまりフェドゥッティはドイツゲーム界に新しい旋風を巻き起こしたのだ。これはフランス人だからこそ出来たのだと思う。フランスは日本のアニメがとても流行っている国なのだ。昔は『UFOロボグレンダイザー』、今は『ドラゴンボール』、そういうのが大流行りしている国がフランスである。これは映画の世界でも言える。『ジェヴォーダンの獣』や『ヴィドック』を観れば解ると思うが、思いっきり日本のアニメ調なのだが、雰囲気は独特の感性がありとても良い。

そういった土壌があるからこそフェドゥッティはキャラクター色の強いゲームをデザインしたのだろう。

ドイツに新しい風を巻き起こしたのは、日本のMANGAの影響を受けたブルーノ・フェドゥッティその人なのだ。日本人好みのデザインセンス、これからもフェドゥッティのゲームに目が離せない。


ミッションレッドプラネット
Mission:Red Planet
楽天で購入
キーラルゴ
Key Largo

ハリウッドカードゲーム
The Hollywood Card Game

ダイヤモンド
Diamant

ババンク
Vabanque

王妃のネックレス
Queen's Necklace

フィストオブドラゴンストーン
Fist of Dragonstones

ドラゴンズゴールド
Dragon's Gold

修道院殺人事件
Mystery of the Abbey

あやつり人形
Ohne Furcht und Adel
楽天で購入

gioco del mondo