Alan R. Moon

Days of Wonder

2〜5人
60分

チケットトゥライド拡張 -USA1910-

散々、やり込まれたチケットトゥライドのカードはボロボロになっていないだろうか?
列車カードの小ささが気にならないだろうか?
アメリカが一番好きだが、どうしてもゲームバランスが気にならないだろうか?

そんな人には是非この拡張セットをお勧めしたい。




プレイ感

なんともまあ、不思議な拡張である。列車といえばアメリカだが、アメリカは初期であるために若干ゲームバランスが悪いところがあった。どうしてもそれが気になるのはデザイナーのサガとも言えるだろう。ここまで人気を博したゲームなのだから、その気持は解る。結局、そのまま出すのは忍びなかったのか、列車カードを大きくして出した。TAM、タカダ、フジ、miaと5人プレイ。


TAM「軽くなんかやって皆を待ちましょか」

わし「何しよ?」

TAM「タカダ、フジの初心者が二人居るんでチケットトゥライドはどうでしょう?」

タカダ「あ、それやってみたい」

わし「それやったらあんまりやってないヨーロッパにしよ。正直、アメリカはやりまくったから別のんやりたい」

TAM「それやったらUSA入れたらどうでしょ?」

わし「でもアメリカやからあんまり変わらんやろ?」

TAM「それが、やってみるとかなりプレイ感が新鮮なんですよ」

わし「そうなん? 目的地調整してるだけやろ? そんなに違わんやろお」

TAM「そうなんですけど、ちょっと違いますよ」

わし「ふーん。元とどっちがおもろい?」

TAM「元!(きっぱり)」

わし「オイオイ、即答かい……ま、ええか。やってみよう」

つう感じで始まった。TAMの即答で元の方がおもろいっつうのが気になったが、まあ初心者二人に是非やって貰いたかったのでええか。

チケットトゥライドのレビューは何度もやったので、いきなりソマーリオとして違いを書いてみる。


写真は1枚だけw 手札が大きくなったってこと。

シアトル〜ラスベガス間なんて見ると、どきー!! とする。こんな路線あるんやと。単に目的地カードが変わってるだけなんやけど、確かに雰囲気が違って、「え? こんな路線あったっけ?」なんて思てまうのよ。人の慣れた記憶って凄いな。

他の違いは最長ボーナスがなくなり、最多目的地カードっていうて目的地をたくさん達成したプレイヤーに15点という以前の1,5倍のボーナスが与えられる事になる。このボーナスの変化により、一筆書きでなぞっていくのではなく、あちこちで路線を開始するプレイが有効になった。最多目的地カードはメルクリンから採用された筈だが、伸ばし伸ばしていく一筆書きの楽しさが無くなった代わりにゲームとしてのプレイバランスは確かに絶妙になった。

カードも大きくしたら単にスペース取るだけでそんなに大した変化ではないと思っていたが、やってみると非常に手に馴染む。小さいカードでやってたのが嘘のように気持ちよくプレイ出来た。とは言っても小さいカードは最初のチケライだけだ。なんかスターウォーズの最初のSFXがしょぼかったので、DVD化するときにあれこれ手を加えたような感じがするが、これは確かに悪くない。

TAMは元の方がおもろいと言うてたが、バランス的にわしはUSA1910を使った方が良いような気がする。といっても、元の目的地カードも入ってるので、ただの代替品の大きいカードとしてプレイする事も出来るのだが。

よく書かれているのが、バンダイから出てたチケットトゥライド日本語版とこのUSA1910を組み合わせるという話。チケットトゥライド日本語の一番大きな欠点はボードが薄くてめくれてしまう事なので、この拡張カードを使ったとしても効果は薄いんじゃないかと思う。

確かにTAMの言うように何故か雰囲気は変わるのでチケットトゥライドユーザーなら買うてみても損はないと思う。

所要時間70分。

初心者は割と考えるゲームみたい。今回はわしが勝ったが、TAMが「あきおさん、チケットトゥライド負けてるのほとんど見たことないんすけど?」と言う。うーん、そういや確かにあんまり負けた事ないな。わしの記憶ではメルクリンでTAM嫁にボコボコに負けた以外では、2回ほど目的地カードの引きが悪くて負けたくらいなんで勝率は9割を超すわ。相性のいいゲームではあるな。

gioco del mondo