Urs Hostettler

Abacus

4,6人
60分

ティチュー

ルール説明

トランプの大貧民に追加カード+ルールでチーム戦にしたゲーム。基本は4人。ドイツでかなり流行っているらしい。

プレイ感

以前、ネットでやって、非常に面白いと思ったので、自作出来るにも関わらず輸入した。

丁度4人集まるタイミングが少なかったが、TAM、ぴの、MIRUが集まったのでやってみた。


まあ特筆すべきところはない。トランプのジョーカーを抜いて龍、麻雀、鳳凰、狛犬を加えるだけ。普通に自作出来るが、気分の問題なのでわざわざ輸入してみた。絵札は人民服を着ており中華風である。

わし「ほな、姉妹で組めや」

ぴの「いやじゃああ!」
そんなに嫌なんかい。まあ、しょうがないな。

「ぐっぱでほい」

結局、姉妹で組む事になった。。。

大富豪っていうても「やったことない」と全員口を揃えて言いやがる。

まじで!

4人中3人が知らんて何事やねん。大貧民(なんでも近年では大富豪という呼称に変わりつつあるらしい)つうたら超メジャーなトランプやん。

しょうがないのでルールを(大貧民の!)教えるが、ゲーム中どうにも要領を得ない。

はぁ、疲れる。

TAMはさすがにゲーム感があるので、わしよりもトップ上がりをよくする。このゲームは最初にカード1枚ずつ交換するんやけど、TAMから来るカードは、龍(最強カード)や鳳凰(前の数より0.5高い数になる)ばっかり送ってくる。A(ノーマル最強カード)さえほとんど送ってこず、龍や鳳凰ばっかだ!

まじで!

手札が悪かった俺はこれで何度助けられた事か。それでもトップ上がりを果たすTAMの実力が恐ろしいぜ。

1000点先取やったけど、わしらのワンツーフィニッシュ3回(200点)、わしのティチュー(手札が配られた時点で宣言して、トップであがると100点だが失敗するとマイナス100点)1回、大ティチュー(手札が8枚の時点で宣言。プラスマイナス200点)1回の成功で終了。ほとんどこれだけで終わったにも関わらず、ルールの飲み込みが遅い姉妹のおかげで1時間もかかった。

途中「こんなん手札で勝負決まるだけやん」とやかましいやかましい。

敵はティチューの失敗とかで、600対マイナス200とかになってるし。

特にMIRUの弱さに、だるそうにプレイしたぴの。

「飲み込み悪すぎるにも程があるな」

やれ点数が、やれ運だと、ぎゃあぎゃあうるさいうるさい。

しかしMIRUの飲み込み悪いくせに勝利に対する執念は並々ならぬものがある。負けてもええから楽しもうよ。ブロックスといい、コロレットといい、負けたくない思いが逆に自分の首をしめとる。思い切った手を打てんのよな。ディフェンシブすぎるねん。ゲーム虎の穴合宿でもするか。

ぴののコメント

チーム変更を要求する!

TAMのコメント

いやあ、やり方が分からんかって、あきおさんに任せてました。

いや、龍や鳳凰くれまくって、トップ抜けするってかなり強いんやけど……

ソマーリオ

大貧民をチーム戦にして、特殊なカード、ポーカーのようなルールを加えて絶対におもろい筈のティチューがあまりおもろくなかったのが残念。

ちなみに大貧民ってのは発祥は1970年代の東京らしい。カード交換によって貧民はずーっと貧民やし、2が最強というルールは凄まじく斬新やった。このルールはツーテンジャックに匹敵する。我が家でもツーテンジャック全盛時に突然彗星のごとくルールが伝わり、やりまくった。その後、こちら亀有派出所でも取り上げたくらいブームを巻き起こした。中学の修学旅行の電車はこればっかりである。大貧民は通路に正座させられた。

相手に気を使いながらやるのはどうにもおもろくない。弱すぎて。力を合わせて勝った喜びが少ないのよ。

これは近いうちにもっかいやらんとあかん。ドイツでかなり流行ってるところからも、ネットでやって楽しかった事からも絶対に級は秘めてる筈である。折角、輸入したのにさ、くすん。

gioco del mondo