Rudi Hoffmann

AMIGO

2〜4人
40分

カフェインターナショナル

ゲーム説明

万国博覧会に世界中からたくさんの人々がやってきました。
カフェインターナショナルでゆるりとくつろいでください。
一応予約席はあるのですが、たくさんの国々の方と交流して頂きたいと思い、被っている席もございます。
また女性は女性同士、男性は男性同士なんて野暮な座り方はお断りしております。3Pは結構ですが、ホモプレイはお断りです。
もし、お連れ様が見つからないようでしたら、申し訳ありませんが、カウンター席もご用意しております。

プレイ感

かなり昔に3人でやって、おもろなかったので二度とやることはないだろうと思ってたんやけど、ゲーム大賞を見直すために引っぱり出してきた。
ひきぷ、たっかんとの3人プレイ。

国別に予約席があり、そこに国籍に応じてお客さんを4人掛けテーブルにつかせるとポイントが貰えるだけのゲームだが、必ず男女の比率が近くなるよう(男3女1とか女4は駄目ということ)に配置しなくてはならない。手札は5枚、もし置けないならカウンター席におく。このカウンター席がくせ者で、最初はポイントを貰えるのだが、段々とマイナスになるようになってる。まあ、せっかく来て頂いて、一人カウンター席に座って貰うのはホストとしては恥というものだろう。


真ん中がカウンター席で、最初は+だが徐々にマイナスになっていくようになっている。国旗が描いてるところに同じ国の人を置く。被ってる席はどちらの国の人を置いてもいい。

やってみると、非常にさくさくと進む。手札タイルはオープン情報なので、長考しやがるひきぷも「ここに置けや。ここしかないやん」と指示出来るのが良い。

選択肢は思った以上に少なく、最初はアフリカの人々がちらほらと会場に現れ始めた。なんせ得点が発生するようにしか配置出来ないので、座りだすとその席がわらわらとにぎやかになっていく感じである。

※ 得点は違う国籍であればテーブルに座ってる人分貰える。同じ国籍ならその倍貰える。隣のテーブルと重なる席では、ダブルで得点可能。


右上にイギリス人が見事に集まった! そして左のガーナもジョーカーを使ってだがペルフェット着席である。これは得点が一番高いパターンなのだ。


見れば解るが、同国人の男2人女2人である。そしてさんまのような中国人男性が座りだす。

なんで得点マスにせずに、得点チップがあるんかのう、古いゲームやなあと思ってたが、毎回得点が発生するんで得点チップの方がやりやすいのだ。

「ひきぷ、お前、ロシア人ばっかりカウンターに座らすなや。怒って日本攻めてきよんで。なめられたつうて」


ろ助ばかりカウンターに座らせるひきぷ。これではホスト国の面目丸つぶれである。

たっかん「これ、男ですかねえ? 女かな??」

見ると中国である。あまりにも不細工でびびった。ジャイ子みたいや。


ぶ、ぶ、不細工すぎる!! 男か女かまじで解らんかったぜ。。その点スパニョーロ女はたまらんねえ! じゅる

「ここで、3Pやな。黒と白、もう国籍入り乱れてやるまくっとんで、こいつら」

「俺的にはスペイン人が好きやな。今日のおかずに出来るわ」

とまあこんな風にくだらん下ネタを交えつつ、軽いプレイ感。最後残った手札は1枚マイナス5点となるので、減らさないといけないのだが、これは同じ国籍4人の席を作った場合にだけ減らす事が可能なのだ。序盤から減らすときついかなと思いつつもわしとひきぷはどんどんと減らす作戦に出た。


ララァや、ララァがおる!! 赤影みたいな仮面被ってコスプレプレイをしてみたいもんである。
「ふ、ララァは可愛いな」
まあ、フランス女に化粧されて色々と攻められてみたい気もする。……しまったぁ! 素でごっついマニアックなプレイを書いてしまった (|| ゜Д゜)ガーン!!

結局、その作戦が功を奏してか、皆が50点台の中、91点とぶっちぎりの勝利。
所要時間40分


最終結果。こんな感じに座りまちた〜

たっかんのコメント

意外とおもろかったです。

ソマーリオ

あれええ?? 昔やった時はまったくおもろなかったんやけど、なんかおもろかったぞ。クロスワードパズルを皆ではめていく感じで、出来上がっていく様が楽しい。なんか国同士の好き嫌いが見えてくるのよ。こいつら、ここで仲悪くなって戦争とかになんでとか、くだらん雑談もつい出てしまう、そんなタッチで短いゲーム時間と相まって非常に好感がもてる。

運の要素が強いと言われてるが手札はオープン情報なので、ここで男配置したろと微妙に邪魔する事が出来る。その差が後で活きてくるのだ。

いいねえー、うん。ちょっと古いタイプのゲームだが(実際古いし)、きちんと作り込まれてて今でも十分楽しめる。当時のゲーム大賞として申し分なし。微妙にとして物足りないかも知れないが、つけても問題ない。ゲーム大賞ってこういうライン多いけど、これが初心者にやりやすいといった、ある意味ゲーム大賞のキーとなってる部分なんでしょう。

蛇足だが今回これとチケットトゥライドをやったが、チケットトゥライドって初心者クラスにむちゃくちゃ評判がいい。でも、このカフェインターナショナルもなかなかの好評やった。

このパズルライクな感じといい、人の生活感が見えてくるテーマといい、これって女性受けするんちゃうの? 今回珍しく女がおらんかったんが残念ですな。

というわけで後日、BBと二人プレイでやってみた。思った通り、かなり気に入った模様。二人でちゃかちゃかやってるとパズルをやってる感じがしてとても楽しい。二人プレイでもかなりお奨め出来る。

gioco del mondo